試合情報

鳥取
鳥取
HOME
2022 明治安田生命J3リーグ第9節
5.15 [日] 13:00
Axisバードスタジアム
試合終了
0
0 前半 3
0 後半 1
4
13'
高橋 潤哉
18'
大武 峻
34'
長野 星輝
68'
高橋 潤哉
福島
福島
AWAY

COMMENT

金 鍾成 監督

(試合を振り返って)

前半のセットプレーでの2失点でゲームが決まってしまったと思います。今日に関しては、前から行くと後ろがマンツーマンのような形になってしまうので、そこは凌いで前で引っ掛けるというところで我々が簡単にボールロストをしてしまっていたので、スタミナ的なロスを多かったと思います。相手の押し込まれ方もあり、いっぱいいっぱいになっていたと思います。その辺を改善するために、強度を上げたトレーニングをしていかなければならないと思います。

(試合中に苦しい状況が続いた時どう改善していくのか)

改善というよりは、作らなければいけないと思います。中堅層の新井泰貴、石川大地、永島悠史など彼らの役割がより上がっていき、無いものを作っていかないとチームは良くならないと思います。チームが苦しくなった時にどこがスイッチになるのかが見えていないので、簡単なことではないですが変えていかなければいけないと思います。

長井 響

長井 響 選手

(今日の試合を振り返って)
開幕戦以来の出場でホームということもあり、絶対に何かを残さなければいけないと思って試合に入りました。負けていた状態だったので、もっと前からプレッシャーをかけていく、後ろから声を出してやっていった方が良かったと思いました。
(自身の課題について)
後ろの選手なので周りを動かすこと、今試合に出ているセンターバックの選手と比べて声を出すという部分で劣っていると思うので、そこを改善していかなければいけないと思います。
(チームの苦しい状況を改善するために何が必要か)
チームが一つの方向に向かって、全員が一緒のことを考えて進んでいかなければいけないと思います。

石川 大地

石川 大地 選手

(今日の試合を振り返って)
前半のうちに3失点してしまうと、なかなか難しい試合になってしまうので、そこが責めきれなかった要素にあると思います。前半を失点なしで行くことがもちろん大事なことですが、1失点してしまった後に立て続けに失点を積み重ねてしまうと試合自体難しくなってくると思うので、そこはチーム全体で共有していかなければならないと思います。
(チームの課題について)
チームでやっていることや求められていることは変わらないと思うので、普段やっていることを突き詰めてそれの強度を上げて、チーム全員で今まで以上の力を11人全員が出し切って練習から取り組んでいかなければいけないと思います。

このページの上部へ