試合情報

鳥取
鳥取
HOME
2018 明治安田生命J3リーグ第34節
12.2 [日] 13:00
とりぎんバードスタジアム
試合終了
2
0 前半 1
2 後半 0
1
56'
レオナルド
88'
西山 雄介
8'
遠藤 敬佑
藤枝
藤枝
AWAY

COMMENT

須藤 大輔 監督

我々の目標でありましたJ2昇格というのが途絶えてから3試合選手と共有したのは、3連勝して終わろうということを明確にして臨んでいました。今日の試合も先制点を奪われるという展開でしたけれども、自分の心の中では絶対負けないなっていう思いを持ちながら指揮をしておりました。これが就任当初でしたら心がざわつくというかぶれていたのかなというのがありますけれども、今の選手たちの戦う姿勢だったり表情だったり目力だったりというのを見ると、全然いけるなっていうそういう思いを持っておりました。今までうまくいかないときはダダダッといってしまう状況があったんですけど、相手がどう来るのか冷静に見ながら空いているところはどこなのか、ここにボールを動かしたらどう相手がボールに食い付くのか、食い付いたらどこが空くのかっていうところを僕が言うというよりも選手たちが感じて動けるようになって来たかなというのがあります。そういう意味では本当に選手たちが成長して、その結果3位という立ち位置までたどり着けたのかなと思っています。今日の試合で言うと、決めるところで決めた選手、レオにしろ西山にしろっていうのがありましたけど、そこまで行く過程ではディフェンスが体を張っていたりキーパーの亮太がファインセーブをしたり、中盤の選手がセカンドボールを拾う為に汗水垂らしたり、それを結局決めるのは一人ですけれどもそこまで行くプロセスというのが人生と一緒で大事なんじゃないかなというのを感じました。今日の試合でガイナーレ鳥取の監督は退かなければいけないですけど、ポテンシャルというのを感じた試合でしたし来年はJ2昇格というそこにたどり着ける予感しかしないですし、今度は応援するしかないんですけど期待したいと思います。

フェルナンジーニョ

フェルナンジーニョ 選手

気持ちとしては3位で終われたということで嬉しい部分も気持ちも大きいんですけど、3位で終わってしまったというとても悲しい気持ち、両方が入り混じった感じです。この3位という結果は、選手、クラブ、そしてサポーター、スポンサーの皆さんにとって素晴らしい結果だという風に思っています。ただこの3位という順位ではJ2には昇格できず、そういう意味では来年はもっとより強くプレーする必要がある、そういったところで悲しさを覚えています。

野人選抜総選挙
このページの上部へ