ニュース

ホームタウン
2021年4月2日

【延期のお知らせ】「ちゅらふる」からのお知らせ『NSA鳥取支部春のビーチクリーン』参加者募集!(4/2更新)

【延期のお知らせ】(4/2更新)
鳥取市および倉吉市に新型コロナ警報が発令されたため、下記イベントの開催を延期することが決定されました。
開催日が決定次第、あらためてお知らせいたします。


この度、環境保全プロジェクト「ちゅらふる」の共働団体である日本サーフィン連盟鳥取支部主催で「春のビーチクリーン」を岩美町、鳥取市、湯梨浜町の海岸で開催いたします。
当日はどなたでもご参加いただけます。ご協力よろしくお願いいたします。

■実施日時
2021年4月4日(日) 8:30~
※活動時間は1時間〜1時間半程度
※少雨決行

■開催場所
・東浜海水浴場(岩美町)
・賀露海水浴場(鳥取市)
・井出ヶ浜海水浴場(鳥取市)
・石脇海水浴場(湯梨浜町)

■担当ショップ
・東浜海水浴場(岩美町)→ ディベロップサーフ&シー
・賀露海水浴場(鳥取市)→ ケアラニ
・井出ヶ浜海水浴場(鳥取市)→ ファーサイド
・石脇海水浴場(湯梨浜町)→ クラウド

■主催団体
日本サーフィン連盟鳥取支部

■広報支援
ガイナーレ鳥取

■持ち物
手袋を持参ください。ゴミ袋は各会場担当のサーフショップにてご用意いたします。

■備考
・体調不良の方はご参加ご遠慮ください
・ガイナーレ鳥取選手およびスタッフの参加はございません
・荒天時中止の場合、各担当ショップのFacebookページにてお知らせされる予定です

<各ショップfacebookリンク>
デイベロップサーフ&シー(岩美町)https://www.facebook.com/Develop-SURFSEA-443465099086689/?fref=ts
ケアラニ(賀露)https://www.facebook.com/Kealani-Surfケアラニサーフ-181559535306803/
ファーサイド(井手ヶ浜)https://www.facebook.com/farside.ism/
クラウド(石脇)https://www.facebook.com/CROWD-BOARD-RIDERS-1473532966240016/

■お問合せ
日本サーフィン連盟鳥取支部長 山下 明男
TEL:0857-31-4885
 

【地域環境保全プロジェクト『ちゅらふる』について】

■「ちゅらふる」の目指すもの
鳥取の魅力を磨き続ける

■「ちゅらふる」の目的
・いつまでも変わらない豊かで美しい鳥取の自然を守り、次世代に継承する
・地域におけるスポーツ、アクティビティーの価値を最大化する
・豊かな自然と人々が共生し続けられる地域をつくる

■「ちゅらふる」の活動内容
・地域環境保全活動と活動の発信
(自然の中のゴミの回収・リサイクル活動など、地域環境保全活動)
・県内スポーツ、アクティビティーの普及、啓発活動

■「ちゅらふる」の共働者(2020年現在)
株式会社SC鳥取、日本サーフィン連盟鳥取支部鳥取トライアスロン協会hidden westponoaharomacare

シャレン!(社会連携活動)とは
社会課題や共通のテーマ(教育、ダイバーシティ、まちづくり、健康、世代間交流など)に、 地域の人・企業/団体(営利・非営利問わず)・自治体・学校等とJリーグ・Jクラブが連携して、取り組む活動をいいます。
公式HP⇒https://www.jleague.jp/sharen/awards2020/

■ 芝生生産プロジェクト「しばふる」とは
チュウブYAJINスタジアムの施設管理で培った芝生ノウハウをもとに複数の協力者と立ち上げた芝生生産プロジェクトです。
「地域社会の一員としてお役に立つ」という想いから地域課題である米子市の遊休農地(耕作放棄地)を借りて芝生を生産しています。生産はスタッフだけでなく、企業協力や障碍者による軽作業協働など地域を主語にした多面的なプロジェクトとなっています。生産した芝生は県内外問わずの教育施 設や多目的広場、社屋等に販売しています。
「しばふる」とは?⇒ https://www.gainare.co.jp/shibafull/

■ つながる食堂とは
・つながる食堂の目的
ガイナーレ鳥取は“こどもたちのみらいふるさとのみらい”をテーマに掲げ「復活!公園遊び」をはじめとしたホームタウン活動を行なってきました。そんな中、地域におけるこども食堂の実情、密を伴うコミュニティが失われている現状を知りました。そこでJクラブの力を使って、こども食堂を利用するこどもたちのために、新しい密(シン・みつ)の在り方を地域とともに共創する事ができないかと考えました。
クラブとして『つながる食堂』を始める事で、地域のこどもたちを孤立させない、新しい生活様式に合う“密”の再定義を地域のみなさまとともに共創し、こどもたちが“つながる”喜びを感じ、笑顔になれる地域社会を作っていきたいと考えております。

 

このページの上部へ