ニュース

クラブ
2020年9月14日

9/19以降の入場者数の制限緩和方針に伴うガイナーレ鳥取の対応について

9月11日(金)、政府より発表されたイベント開催における入場者数制限の段階的緩和の方針に基づき、Jリーグでも入場者数の制限緩和が決定されました。

これに伴い、ガイナーレ鳥取では9月22日(火・祝)に開催するホームゲーム(vs相模原@チュスタ)から座席間隔を最低1mに変更いたします。
なお、同試合まではチケットの一般販売を行いません。
10月のホームゲームからチケットの一般販売開始を検討しておりますので、決定次第お知らせいたします。

■9月22日(火・祝)相模原戦@チュスタの対応について
・最低1mの間隔をあけた配席
 ※2020シーズンのチュスタ最大収容人数は1,500人といたします。
・チケットの一般販売なし
 ※ご来場希望の方は、9月15日(火)23:59までにGGC会員へご入会ください

■10月以降に開催するAxisバードスタジアムでの対応について
・最低1mの間隔をあけた配席
 ※最大収容人数は決定次第お知らせいたします。
・チケット一般販売の有無は現在検討しております。決定次第お知らせいたします。

▽「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」入場者数の制限緩和について
https://www.jleague.jp/news/article/17872/

 

このページの上部へ