ニュース

トップチーム
2019年11月22日

ピックアップインタビュー!福村 貴幸選手

今シーズン副キャプテンを務める福村貴幸選手にインタビューを行いました!

今シーズン(31節終了時点)29試合にスタメンフル出場していますが、ここまでの自分自身のパフォーマンスやチームのパフォーマンスはどうですか?
「今年このチームが出来上がって一年目なので最初は苦労することも多くありました。個人的には1年通して3バックで戦うことが初めての経験ですし、終盤に差し掛かってきてやっと攻守の共通理解も積み上がってきてますし、そういった所のまとまりも出てきてると思います。自分自身もやっとチームの勝利に貢献できるくらいのコンディションに上がってきていると感じてます」
 

今シーズンは副キャプテンとして戦っていますが、ここ最近はキャプテンマークをつけることも多くなってきてるように感じます。その点についてはどうですか?
「身が引き締まりますね。(笑)若い頃は付けることはなかったんですけど、キャプテンマークつけていると単純に目立ちますし、周りからみられることが多くなっていると思います。なので今まで以上に責任感が増しますし、責任を持ったプレーを常に心がけていかないと、皆さんの期待には応えられないなと思ってます」

ここ最近は左のワイドではなくボランチとして出場していますが、何か意識していることなどありますか?
「僕の中ですごく大切にしているのがFW、MF、DFの中央の縦ラインの選手で、チームをまとめられるのはボランチかセンターバックの選手だと思ってます。その重要なポジションを担っているので、まずは声を出して守備の部分はまとめようと思ってます。攻撃の選手は個々でいい選手がいるので、任せている部分はありますけど、ボランチに入ってチームがどうしたら上手くいくのかだとか、悪いところをいかに早く修正できるか、という所をより意識してプレイしています」

前節福島ユナイテッドFC戦については?
「立ち上がり自分も含めてチャンスを決めきれなかったというのが、攻撃面で良くなかった部分です。守備に関してはセットプレーで失点をしてしまったんですけど、サッカーの得点の約3割がセットプレーからの得点というデータが出ているくらいセットプレーはチャンスにもなりますし、ピンチにもなります。そのセットプレーでやられてしまったのは非常に悔やまれますし、絶対にやらせちゃいけなかったなと感じてます」

残り3試合、昇格圏内のチームとの勝ち点差は8。今の状況を踏まえてどう戦っていきますか?
「昇格はチームとして一つの目標で、個人としての目標は個人個人あると思います。一週間その週の大事な試合に向けて取り組んできている過程もありますし、正直昇格が全てなんですけど、全てではないとも思ってます。それぞれ個人の目標や、個人の課題をクリアしていく1週間が積み重なることによって、いいシーズンになっていくか、悪いシーズンになっていくのか、昇格できるか、できないか、変わってくると思います。なので試合にだけ目を向けるのではなくて、中4日でやってる1日1日を大切にしていって、その積み重ねを全部試合に出して、それを最後まで続けることが大切かなと思います。だからといって諦めたわけじゃないですし、最後まで全力で戦うことは約束します!なのでサポーターの皆さんも最後まで応援をよろしくお願いします!」

いつも冷静な福村選手の熱い気持ちが垣間見れました。
毎日の積み重ねが一番大切。そしてそれを最後までやり続ける。

残り3試合、最後の最後までオールガイナーレ でともに戦いましょう!

このページの上部へ